作曲・クリエイター系

音楽専門学校でサウンドクリエイターを目指すためのカリキュラムや、将来目指せる職業についてまとめました。

音楽専門学校の作曲・クリエイターコースで学べること

サウンドクリエイターとは、作詞・作曲・編曲といった知識を持って新しい楽曲を生み出していく仕事。音楽専門学校の作曲・クリエイターコースでは、作詞・作曲をするための基礎理論から、ギター・キーボードといった作曲に必要な楽器の演奏能力を伸ばしていきます。

ただし、現代は楽器が演奏できなくてもコンピューターで作曲・アレンジ活動ができるため、DTMに関する知識・技術はクリエイターにとって必須となりつつあります。作曲・クリエイター系のコースで音楽業界のプロを目指すなら、DTMの授業が組み込まれている学校を選んだ方がよいでしょう。

カリキュラムの一例

  • ソルフェージュ
    楽曲づくり・演奏に必要な基礎トレーニングを学ぶ授業。メロディ・リズム・コードを聞き取るスキルや、楽譜作成に必要な力を養います。
  • ミュージックプログラミング
    コンピューターを用いた音楽制作(DTM)を学ぶカリキュラム。作曲ソフトにはさまざまな種類がありますが、業界標準であるProTools・GarageBand・Digital Performerなどを学んでおくと◎。
  • 作詞作曲ワーク・テクニック
    メロディー構成やコード進行など、オリジナル楽曲の作成方法を習得。基礎だけでなくアレンジのコツなどの応用も学び、個性的な楽曲づくりを目指します。
  • ミュージックビジネス
    音楽制作シーンの今と仕組みを理解し、業界で仕事をするために必要な知識を身につけます。業界ならではのマナーなど、社会人としての立ち振る舞い方を教えてくれることも。

目指せる業種・職種

作曲家・作詞家・編曲家(アレンジャー)・CM音楽クリエイター・TV音楽制作・ゲームミュージッククリエイター・サウンドディレクター・サウンドプロデューサー・クラブDJ・音楽監督・ボカロP(ボーカロイドプロデューサー)など

作曲・クリエイター系の仕事に就く人は、フリーで活動する人とプロダクション・レコード会社などに所属して活動する人がいます。フリーで活動するには、作曲コンテストなどに応募したりデモテープを送って実力を認めてもらうことが第一。プロの目に留まれば仕事の依頼が来るようになりますが、安定して仕事を得るまでには時間がかかります。また、発注元のイメージする楽曲を提供するスキルや、納期にしっかりと間に合わせるだけの責任感も必要です。

実力主義のシビアな世界なので、音楽専門学校で基本的な知識・技術を学んでおくことは確かな力となります。また、専門学校での人脈が将来につながることもありますし、数多くの求人情報が集まってくるのも強みと言えるでしょう。

関東のオススメ専門学校5選