音楽専門学校ナビ » 音楽専門学校選びの比較ポイント » 音楽専門学校・スクールの学費リスト

音楽専門学校・スクールの学費リスト

音楽専門学校に必要な費用と、認可校に通うメリットについてご紹介しています。

14校の音楽門学校・スクール学費リスト

音楽専門学校の資料音楽専門学校入学時の費用(初年度納入金)には、入学金・授業料・実習費用・施設整備費・その他(諸経費など)が含まれています。

2年次は、初年度納入金から入学金(平均10~15万円)を引いた費用を支払うのが一般的です。

以下に、当サイトでご紹介している学校の全ての資料を取り寄せ、初年度納入金を調べて一覧にしてみました。

ちなみに、その資料にさえ教材費が書いていない学校があって…ちょっと驚きましたね(入学してから提示します、ということでした)。

認可校

  初年度納入金
横浜ミュージックスクール 1,255,000円
東京工学院専門学校 1,272,499円
横浜デジタルアーツ 1,313,087円
尚美ミュージックカレッジ 1,331,610円
日本芸術専門学校 1,338,000円
東京ビジュアルアーツ 1,397,000円
ミューズ音楽院 1,430,000円
日本工学院 1,482,490円
ESPミュージカルアカデミー 1,500,000円
東京スクールオブミュージック&ダンス専門学校 1,705,000円

無認可校

  初年度納入金
ミュージックスクールウッド全日制コース 954,400円
メーザーハウス 1,180,000円
国立音楽院 1,290,000円
音楽学校 MI JAPAN 1,550,000円

都心にある学校や、設備の維持費・実習費が多くかかる学科は総額が高めの傾向。同じジャンルの学科でも専門学校によって費用には差があるので、設備や実習内容などを比較してみるとよいでしょう。

特に規模の大きい学校は、それ以外に同窓会費・交友会費など、ホームページに記載のない金額がかかることも。きちんと資料請求して、しっかり確認することが大切です。
(現に、ホームページと差のある学校がいくつもありました)

音楽活動には何かとお金がかかるので、できるだけ学費を抑えられてハイレベルな講義を受けられる学校を選びたいですね。

認可校のメリット

音楽専門学校には、都道府県知事から設置認可を受けている「認可校」と、認可を受けていない「無認可校」があります。実は、費用面から見ると認可校の方がいろいろとメリットがあるんです。

学割が適用される
認可校に通っている人は、公的な優遇制度(学割)を受ける資格を持っています。とくに電車の定期代などは、遠方から通学する人にとってはかなり大きいもの。2年間で考えると、数十万円の差が出ることもあるようです。ちなみに無認可校は正規の教育機関ではないため、学割の適用はありません。

奨学金を利用できる
認可校は学校法人となるため、国が運営する「日本学生支援機構奨学金制度」を利用できます。奨学金を使って専門学校へ通おうと思っているなら、認可校か無認可校かは必ずチェックしておいてください。無認可校でも奨学金制度のある学校はありますが、独自で設定した制度なので内容をきちんと確認しておきましょう。

 学歴になる
認可校(2年制)の卒業後は、「専門士」の称号を得ることができます。これは2年制短大卒業と同等の扱いとなっており、履歴書にも学歴としてしっかりと記載できます。無認可校で学んだ期間は学歴ではなく学習歴となるため、原則として履歴書への記載は不可。最終学歴は高校卒となります。

 就職しやすい
学歴と同様に、専門学校卒だから就職活動にも有効にはたらきます。高卒と比べ、就職した後の給料も違ってくるので、トータルで考えると専門学校を卒業したほうが生涯賃金が高くなります。いざ進路が変わった場合でも安心です。

認可校の判断基準とは?

認可校とは、都道府県知事に認可を受けた学校のことです。認可校だけが「専門学校」と呼ばれます。一方、無認可校とは、学校教育法に基づいた認可を受けずに独自の教育を行う施設のことです。無認可校の場合、公的な補助を受けることができません。

学校教育法に基づいた認可の基準

授業時間が800時間以上
昼間学科の場合、年間の授業時間が800時間以上を超えていることが条件です。夜間の場合は450時間以上と定められています。

生徒80人に対して教職員が3人以上
生徒が80人いる場合、最低3人の教職員を置く必要があります。80人以上の生徒を抱える場合は、生徒に対する教員数は分野によって決められます。

土地・施設が自己所有
学校教育法第128条により、専門分野ごとに明確な基準が設けられています。さらに、校舎は賃貸施設ではなく、自己所有していなければなりません。

「専門学校」「専修学校」という名前をつけられるのは認可校だけです。しかし、認可校でも専門学校と名乗っていない場合があるので、あらかじめ事前調査をしっかりと行いましょう。

無認可校はレベルの差が激しい

無認可校だからといって、授業の質が悪いというわけではありません。カリキュラムをこなすのに1年も修学させる必要がないと判断して、あえて無認可校として運営するところもあります。

ただ、無認可校は国からの補助金が受けられないので、施設設備にこだわりを持っていたり講師の質にこだわったりしている無認可校の場合は、そのぶん学費が高くついてしまうことも。学校によって授業の質や学費の差が激しい点がデメリットだといえます。

こういった無認可校のデメリットを理解したうえで、入学するだけの魅力があるかどうかをしっかりと判断しましょう。宣伝に力を入れてPRしている無認可校の中には、無認可校だと悟らせないような表現を使って生徒を集めているところもあるんだとか。

こういった無認可校にはくれぐれも注意してくださいね!

音楽専門学校では学費以外にもお金がかかる

音楽専門学校に通い始めると、学校に納入する学費以外にもお金がかかることがあります。

でも学校案内のパンフレットを見ても、どのくらいお金がかかるのかはっきりしないことも……。

まず必要になるのは、「教科書や教材を購入する費用」です。なかには、初年度納入金に教材費も含まれているので、それ以外のお金は一切かからないと明言している学校もあります。しかし、ほとんどの学校では何かしらの教材費がかかると思っておいたほうがいいでしょう。

一般的には、教材費は年間で「1~5万円程度」かかるといわれています。

専攻コースによっては楽器の準備が必要

ひとくちに音楽専門学校といっても、さまざまな学科や専攻があります。ギター、ベース、ドラムといった楽器演奏を専攻するなら、その楽器を購入しなければいけません。

なかには学生に貸し出すための楽器を用意している学校もありますが、それでも、専攻の全学生に貸し出せるだけの数は用意していないことがほとんどです。

専門学校はプロになるためのテクニックを教える場所です。プロになるためには、当然のことながら練習が欠かせません。そのためにも個人で楽器を購入し、練習する必要があるのです。 ギターやベースなら1万円程度から購入できますが、品質面から考えると最低ランクのものはおすすめできません。

少なくとも5万円程度はかかると考えたほうがいいでしょう。ドラムセットやキーボードだと、最低ランクでも10万円クラスになります。

研修旅行や特別レッスンにもお金がかかる

通常カリキュラム以外の特別レッスンや、研修旅行などのプログラムが用意されている学校も多々あります。

全員参加の場合はあらかじめ学費に含まれていることが多いのですが、任意参加の場合は実費がかかります。研修旅行なら、10万円程度はかかると考えておいたほうががいいでしょう。

なかには任意参加といっても、事実上の全員参加となっている場合もあります。

実際に入学してみなければ分からないことも多いので、在校生に話を聞くなどして早めに情報を手に入れ、対策しておきたいものです。

発表会などの公演の負担金を求められることもある

音楽専門学校では、節目ごとに発表会や終了公演といった行事が予定されています。学校外のホールなどを借りて公演を行う場合は、公演の一部負担金を求められることがあります。小劇団などでよく見られるチケット分担のようなものと考えれば、分かりやすいかもしれません。

負担金はホールの規模やレンタル料によっても変わってきますが、2~3万円程度が多いようです。

もちろん、そういった発表会にかかる費用まで学費に含んでいる学校もあります。

レッスンのしやすさによって生活費も割高に

歌や楽器演奏を専攻していると、毎日の自主練習が欠かせません。すると、どうしてもある程度の音量を出す必要があります。防音設備のないところで練習をすると、近所迷惑になってしまうことも。

音楽専門学校なら当然、学内に自主練習できるような場所を用意しています。でもその設備は、24時間365日使えるわけではありません。

防音設備の整ったマンションなどは、どうしても家賃が高くなります。なかにはレッスン室付きの学生寮もありますが、やはり一般的な学生寮よりも割高です。また、運良く防音設備のあるマンションや寮が見つかったとしても、学校から遠ければ通費も高くなります。

音楽専門学校に通う場合は、家賃などの生活費が高くついてしまう可能性も考えておきましょう。