HOME » 一人暮らしor学生寮・音楽専門学校生の生活費用シミュレーション

一人暮らしor学生寮・音楽専門学校生の生活費用シミュレーション

音楽専門学校生の一人暮らしと寮生活の費用を比較

ここでは、多くの専門学校がある東京都・神奈川県における一人暮らしの平均費用や、寮生活に必要な費用などの情報をまとめています。音楽を学ぶには何かとお金がかかるため、目安としてぜひ読んでみてね!

東京都内で一人暮らしをするのに必要な生活費
東京都内で一人暮らしをする場合、最低限必要な生活費は13~16万円。とくに家賃が高額になるケースが多く、安くても6万円、バストイレ別の物件となると7~9万円はします。学生の多くは親から仕送りをもらっているだろうけど、その平均は8万円前後。足りない分はアルバイトで補填するのが一般的で、学業とアルバイトを両立させるにはかなりの覚悟と自己管理が必要みたいです…。

神奈川で一人暮らしをするのに必要な生活費
神奈川県で一人暮らしをする場合、必要な生活費は12万円ほど。場所にもよりますが家賃は5.5~6万円くらいが主流、親からの仕送りの平均額は7万円前後だそう。足りない分はアルバイトで補填することになるけど、都内での一人暮らしよりも生活費が抑えられることが多いみたいです。

寮生活と一人暮らし、どっちがいいの?

コマッシュはてな寮生活
音楽専門学校とはいえ、学生寮を独自に設置していたり、さまざまな学校の生徒が住む学生会館と提携していることがほとんど。特に認可校はその傾向が多いようですね。
学生寮に入るメリットは、何といっても敷金・礼金が不要なこと!家具・電化製品・寝具なども備え付けてあるため、1からすべてを準備する必要がないのは、とても助かりますね…。気になる費用は月に85,000円~95,000円(食事込み)。光熱費などもすべて含まれているので、かなりの費用を節約することができます!

ただし、寮によっては門限があるためアルバイトがしにくいことも。また、外泊をする際には届出をしなければならないなど、縛りが多いケースもあります。まあ、ルールさえ守れば寮生活はかなり安全だし、寮長・寮母が常駐するため、僕みたいに地方から上京する人も安心ですね(笑)。

一人暮らし
ひとり暮らしのメリットは、何といっても自由なこと!人の目を気にすることなく、好きなことに没頭できます!ただ、一人暮らしをスタートするには高額な初期費用(敷金・礼金・家具や家電一式など)が必要…。金銭管理・健康管理・家事一般・アルバイトなどのすべてを自分一人でやらなくてはならないので、勉強との両立がきっと大変ですね…。でも、一人暮らし、憧れるなあ~。

保護者ときちんと相談して決めよう

ママッシュ僕、コマッシュは地方出身なので、お金の面でだいぶ親に負担をかけてしまいます。

学校選びで母のママッシュルームに言われたのは、「学費や学ぶ内容はもちろんだけど、学校の環境や街の治安も気にしてね。」ということ。

確かに、親は心配ですよね…。父のパパッシュルームも、僕が女の子だったらもっと色々口出ししただろうな(笑)

適度に住みやすくて、でも都会らしさもある街なら安心なのかなあ。とにかく、親に負担や心配をできるだけかけないように、学校は慎重に選びましょう! 

関東のオススメ専門学校5選