シンガーソングライター

音楽専門学校のシンガーソングライターコースで学べる内容を徹底リサーチしました。

音楽専門学校のシンガーソングライターコースで学べること

シンガーソングライターとは、自らが作詞・作曲した楽曲を歌って表現するアーティスト。音楽専門学校のシンガーソングライターコースでは作詞・作曲・ボーカルのすべてを学び、マスターしていきます。

主なカリキュラムはボイストレーニング・作詞作曲ワークとなりますが、独学ではなかなか学べない音楽理論(リズム・コード進行・音階など)を理解するチャンスに恵まれるのも大きなポイント。自分が表現したい楽曲を作成する際に役立ち、表現力の広がりも期待できます。また、ギター・キーボード・DTMといった作曲や演奏に必要な技術も学べます。さらに、音楽専門学校ではさまざまなライブ・イベントに参加する機会が多いため、自分で作った楽曲を披露して実力を試したり、パフォーマンス力を伸ばすことも。

カリキュラムの一例

  • シンガーソングライターワーク・テクニック
    シンガーソングライターとして重要な、オリジナル楽曲の作成方法を学習。曲作りから歌、楽器演奏まで、トータルで学んでいきます。
  • ボイストレーニング
    正しい発声法・歌唱表現・コーラスワークなど、ボーカリストとして必要なスキルを身につけるカリキュラム。さまざまなジャンルの曲を通して、レパートリーを増やしていくという目的もあります。
  • 作詞ワーク
    自分の伝えたいことを歌詞として表現するための基礎を学びます。詞の構造や分析はもちろん、言葉の引き出し方・組み立て方を通じて楽曲のレベルアップを実現。
  • ミュージックプログラミング
    DTM(PCによる音楽制作)を学ぶ授業。ProTools・GarageBand・Digital Performerなどのソフトの使い方や、自分自身でレコーディングを行う技術を習得できます。
  • アンサンブル
    アンサンブルでは、楽器に合わせて歌う技術をレッスン。ステージの中で自分をどのように表現していくかを研究していきます。
  • セオリー
    コード進行・スケール・ハーモニーなどの音楽理論を基礎から学習。さまざまなジャンルの曲を分析し、作曲のパターンを広げていきます。

目指せる業種・職種

シンガーソングライター・ボーカリスト・コーラスアーティスト・スタジオミュージシャン・サウンドクリエイター・作詞家・作曲家・編曲家(アレンジャー)・インストラクターなど

シンガーソングライターとしてデビューするにはオーディションやライブ、路上での活動等で自分自身の楽曲と魅力をしっかりとアピールしていくことが大事。オリジナリティーのある曲・詞のセンスを磨くだけでなく、ボーカリストとしての歌唱力や表現、演奏者としての技術力も問われます。基本的に1人で活動するためデビューまでの道のりはシビア、音楽専門学校のデビューサポートなどを利用すると心強いと思います。

また、作詞・作曲・編曲・楽器演奏などのスキルを活かしてアーティストに楽曲を提供したり、スタジオミュージシャンやコーラスアーティストとして活動することも可能。こうした活動を通じて音楽業界とのつながりを強め、デビューへ繋げていくという手段もあります。

関東のオススメ専門学校5選