HOME » どんな事が学べる?ミュージシャンを目指す音楽専門学校のコース

どんな事が学べる?ミュージシャンを目指す音楽専門学校のコース

音楽が好きで、「将来はプロのミュージシャン・アーティストになりたい!」と努力を続けている人は多いと思います。もちろん、楽器演奏や歌は独学でも学ぶことは可能。しかし、ほとんどの場合は基礎が固まっていない自己流になってしまい、ある一定のレベルから上達しない・・・といったケースが多いようです。

音楽を仕事にしたいと思うなら、やはり音楽専門学校でしっかりと基礎を学ぶことが大事!専門学校ではプロとして必要不可欠な音楽理論・読譜・コードなどの知識を習得できるだけでなく、専門講師による丁寧なレッスンが受けられます。プロの技術を目の当たりにすることは音楽を志す者としてよい刺激となりますし、一気に技術力を高めることも可能です。音楽専門学校で学ぶことで、夢や進路が広がるというメリットもアリ!ジャンルごとに目指せる職業の一例をまとめてみました。

ボーカル

腹式呼吸などの呼吸法、チェストボイスやファルセット(裏声)のような発声法、シャウトなどの歌唱法といった歌の基礎トレーニングを中心に、個性や音楽性をアピールするためのテクニック・パフォーマンス能力などを学んでいきます。

目指せる職業:バンドボーカル・ギターボーカル・シンガーソングライターなど

ギター

ギタリストとして必要なテクニックや知識を習得するのは勿論、技術力を磨くだけでなく、楽曲に自分ならではの個性・魅力を持たせるための感性・表現力を身につける方法を学びます。

目指せる職業:ギタリスト・スタジオミュージシャン・作曲家など

ベース

音楽理論・基礎技術をしっかりと身につけ、様々な表現に対応できる感性と技術をアンサンブルレッスン等を通して磨きます。

目指せる職業:ベーシスト・バンドメンバー・サウンドプロデューサーなど

ドラム

正しいフォーム・スティックグリップ・リズムキープなどの基礎はもちろん、身体を使ったリズムワーク・ステージングなどを学んでいき、コードやスケールなどの音楽の仕組みを理解し、自分の個性をドラムで表現するためのスキルを学んでいきます。

目指せる職業:ドラマー・ツアーミュージシャン・インストラクターなど

ピアノ・キーボード

クラシック・ジャズ・ポップスなど、様々なジャンルで幅広く活躍できる知識・スキルを持ったキーボーディストおよびピアニストとなるべく、鍵盤テクニック・奏法などの基礎や、楽譜を見てすぐに演奏できる力、制作能力・プロデュース力も総合的に身につけていきます。

目指せる職業:作曲家・編曲家(アレンジャー)・マニピュレーターなど

シンガーソングライター

作詞・作曲・ボーカルのすべてをトータル的に学び、実際に作った曲を披露することで実力やパフォーマンス力を養うことができます。

目指せる職業:コーラスアーティスト・サウンドクリエイター・作詞家など

作曲・クリエイター系

作詞・作曲をするために必要な基礎理論を習得し、ギターやキーボードといった楽器の演奏能力を伸ばすことで、楽曲制作のいろはを学んでいきます。

目指せる職業:CM音楽クリエイター・サウンドディレクター・音楽監督など

技術スタッフ系

実際にステージに立ってパフォーマンスをする訳ではなく、音楽やミュージシャンの魅力を音と光の演出によって際立たせるために、裏側での立ち回りなどを実践的に学びます。

目指せる職業:PAエンジニア・音響監督・ライティングエンジニアなど

関東のオススメ専門学校5選